English 
 
近年、小倉サンダインが積極的に提案しているのが次世代省エネ住宅です。カビやダニ、結露が防げる、日々のメンテナンスが楽、エアコンのランニングコストの軽減など、健康に暮らせてとても経済的な住宅となっています。
「O・S・D外張断熱工法」は当社のオリジナル工法で、住宅の構造内部全体を断熱材で守ることによって、室内温熱環境を安定させます。また、窓をアルミサッシの1,000倍も熱抵抗の高い樹脂サッシに変えることで住宅性能を決定づける開口部(窓)からの熱の流出入を防げます。
外張断熱は、住宅の構造内部全体が断熱材に包み込まれるため、躯体が外気の寒暖から守られると同時に、大きな熱容量によって建物の温度変動が小さくなり、室温が快適な環境に保たれます。
冬季にも外壁は室温と同調して高い温度に保たれるため、冬季に発生する壁での結露が起きにくく、カビやダニの発生を防ぐことがで
きます。「O・S・D外張断熱工法」は、V〜X地域まで対応する断熱工法と在来軸組、2×4工法に対応する断熱工法、さらには、断熱材の内側に構造用合板を施工するタイプと施工しないタイプの9タイプの工法があります。これによって、ほとんどの地域をカバーしています。地域区分や建築立地を考慮して、理想的な環境の高性能住宅をお建て致します。
四季を通して快適に暮らせる家を実現するには、最大の開口部である窓の性能を高め、暑さや寒さといった気象・環境の影響を最小限に抑えることが重要な鍵となります。例えば、冬期に窓から逃げる室内の熱は48%、逆に夏期ではなんと71%もの熱が室内へと混入。窓以外の壁や屋根からの流出入値が10〜20%にも満たないことを見ると、窓の性能いかんで住宅の快適性が大きく左右されることがお解りいただけるでしょう。
では、どのような窓を採用すればよいのでしょう? その解答が樹脂サッシと複層ガラスです。仮に、一般的な「アルミサッシ+単板ガラス」の熱損失の割合を100として比べると、「アルミサッシ+複層ガラス」なら71.4%、「樹脂サッシ+Low-E複層ガラス」ではなんと35.7%という低い数値。つまり、アルミ+単板に比べ約3分の1に熱損失を抑えられるのです。この優れた断熱性がもたらすメリットは測りしれません。樹脂サッシひとつで住空間は見違えるほど幸せな空間へと姿を変えるのです。

■防火認定取得樹脂窓「スワンウィンドウ」

スワンウィンドウ/スワンウインドウ 防火認定取得樹脂サッシ
スワンウィンドウの防火認定取得樹脂窓は、2001年に遮炎性能評価試験に合格している樹脂一体成型サッシです。断熱性能U値=1.9w/ukとアルミ複合サッシの1,2倍、住まい心地には欠かせない窓を提案いたします。

製造元 林谷工業株式会社
←スワンウィンドウの製品カタログ
※クリックすするとPDFで表示致します。
 
防火認定取得の認定書→